メニュー

ポリウレアについて - 日本高強度環境調和型樹脂協会 オフィシャルサイト

ポリウレアについて

国土強靭化、長寿命化に貢献する高じん性樹脂 ポリウレア樹脂コーティング

『柔らかいステンレス』と評され、300%以上の伸び率を持ちながら、高い強度物性と耐性を持つ樹脂です。

海外では『100年コーティング』と言われ、"素材との複合化"であらゆるものを強靭化し防護する樹脂塗膜です。

  特性

スプレーコーティング

  • ポリイソシアネート(A剤)と特殊ポリアミン(B剤)の2成分をコンピューター制御されたリアクターにて、ホース末端の専用スプレーガンまで、それぞれ加熱圧送します。
  • 専用スプレーガン内部で2液を"衝突混合"させ、化学反応でポリウレア樹脂を生成し、スプレー方式にて被膜層を瞬間形成する樹脂コーティングです。

スプレーコーティング

 

 

工法の特徴

  • A剤・B剤の圧送・混合は液剤特性に応じたリアクター設定・制御により品質が保たれます。
  • 無溶剤のため、揮発がなく、閉塞空間での作業が安全です。
  • スプレー後すぐに硬化し、約15分~20分後には人の歩行が可能になります。
  • ゲルタイム数秒の為、塗膜厚は「約1.5~50mm程度」自由設定。
施工断面

施工実例

各箇所における施工事例
基本【商品】~ 機械【物性】

ガイナーマ工法 - 性能

ガイナーマ工法 - 各種資料・データ

ポリウレアの適用事例

ポリウレアの適用事例

施工 Before・After

施工 Before・After

アスファルト舗装への吹付け

アスファルト舗装への吹付け

Copyright© 日本高強度環境調和型樹脂協会All Rights Reserved. login